• HOME
  • 結局、ウェブ会社ってどんなことするの?

SEO対策ですること

Googleは「Googleのためではなく、ユーザーのためにホームページを制作してください」と警告しており、
かつての「Googleに媚を売る」ホームページは徐々に衰退してきました。
それでも、Googleのガイドラインのようなものがあり、それに沿ったホームページを作ることで、
ユーザーも見やすいし、Googleのホームページをチェックする機能(クローラー)が
循環しやすい環境を整えることは大切です。

まずは上位表示を目指すキーワードを探ります!

ウェブサイトのこれまでの分析を行い、どんなキーワードで集客できていて、どのキーワードが弱いのかを探ります。また、どうしても難しいキーワードも存在し、それにチャレンジするのは時間とお金が無駄ということも有り得ます。「こんなキーワードで上げてほしい!」という希望も聞きつつ、現実的で効果的なキーワードを選ぶことははじめの第一歩で、とても重要な作業になります。

HTMLを最適化していきます!

サイトにコーディングには実はルールというものがあり、こちらを綺麗な形に整えていきます。タイトルの付け方、H1タグ、meta desicriptionの設定などSEOに効果あるものも、効果はないけどクリック率に影響してくるものも含めて、作り込んでいきます。内部リンクや画像のaltタグなど、気にしていくとキリがない作業を代わりに代行していきます。

そしてやっとコンテンツの追加に!

サイトの既存の修正が終わると、やっとコンテンツの追加に入ります。コンテンツとは、新たなページの追加だったり、既存のページに文章を足したり、要するにホームページを「読み応えのあるページに」進化させていく作業です。必要なキーワードを織り交ぜつつ、関連するページを増やしていきます。そして、内部リンクで繋ぎ合わせていくことで強いページが生まれてくるのです。