拡大し続けるECビジネス

ネットショップ

景気の好不調に関わらずB2C(企業対消費者)のECビジネス市場(ネットショッピング)は成長を続けており、国際的な商取引も増加しています。現在の激しい競争の中で、「顧客に商品を提案し、満足させる」総合的な店舗力が求められ、Webサイトへのユーザー誘導の関して、経路も手法も複雑になっており、差別化と合わせて合理的な戦略が必要になってきています。

EC市場はその誕生からビジネスとしてのインターネットの可能性が期待され、実際に急速な成長を遂げてきました。B2B(企業対企業)市場は景気低迷によって停滞した時期もあり、ここ数年は伸び率が鈍化しています。

一方、B2C市場の伸び率は堅調で、7%伸び率を達成し成長を続けています。国内消費だけでなく、アメリカや中国などの諸外国と日本との売買取引である越境ECが伸びていることがうかがえます。

今後、多言語対応と決済方法、アフターサービスを改善することで、さらなる成長が期待できると予想されています。
ECの事業形態は、独立した単体サイトで行う方法と、大型インターネットモール(「Yahoo!ショッピング」や「楽天市場」など)に出店する方法の2つが代表的です(両方利用しているECも多い)。

ECを行う際には、店舗となるWebサイトの運営だけでなく、集客とフルフィラメント(物流、受注、決済、配送、アフターフォロー)が必要になるが、現在はそれぞれの機能のアウトソース(業務委託)を提供する事業者が登場しており、店舗運営のみに集中することも可能になりました。

こうした参入のリスクの低減によって数多くの事業者が登場し、その結果、同業間の競争が激化しているので、各事業者は差別化のために、下記のことに取り組んでいます。

①品揃えの工夫
②売り場としてのコンセプト作り
③サービスや付加価値
④見せ方

ECにおけるユーザーの訪問経路としては、検索エンジン経路が依然として重要な位置を占めています。しかし、日用品や消費財については価格比較サイトなどで最安値の商品を調査して購入店舗を決定したり、強豪の多い商品ではインターネット上での評判を調べてからベストだと思われるものを購入するなど「賢い消費者」が増えてきているため、ソーシャルメディアやユーザーレビューなどの対策が重要になってきます。
また、検索エンジン最適化だけでなく、リスティング広告(検索連動広告)の出稿など、広告施策も含むWebマーケティング全般の継続的な見直しが必要不可欠です。

WEB集客のプロ集団の提供するサービスはこちら!
明快な料金、低価格な料金でまずは気軽にウェブマーケティング

私たちは明快な料金設定を公開しており、ストレスなくご連絡をいただけるよう努力しております。いくつかのサービスの中から気になるものをご連絡いただき、こちらで再度提案することも可能です。

サービス一覧はこちら

関連記事一覧

関連記事はありません。