インターネット

ウェブ業界

現在インターネットは経済的に大きな市場となりました。この背景には我々ユーザーの行動パターンと価値観の変化が大きく影響しており、広告や販売方法として活用する企業が増え続けています.

インターネットが今日の社会に与えている影響力は計り知れません。広告市場の動向を見てみると、インターネットが全広告市場の18.8%に達しています。この数字はラジオ、雑誌、新聞の広告規模を超えており、現在も増え続けています。このように、近年、ラジオ・新聞・雑誌・テレビといった旧来のメディアが担っていた役割を、インターネットが奪っていっています。

この要因としては、生活者のライフスタイルが多様化し、生活者がわがままになり、見たいときに見たいものを視聴できるメディアを望むようなったことです。テレビやラジオではこのニーズに応えることができません。現在私自身も、インターネットやモバイル端末から情報を得ていることがはるかに多いです。さらにテレビよりも、見たいものが見たいときに見えるインターネットによる動画を見ていることが多いです。

もうひとつの要因は情報の「つまみ食い志向」と「検索志向」です。自分の知りたい情報だけを知りたい、その他の情報は必要がないので、雑誌や新聞よりもインターネットでの検索が有効に使用されています。実際私自身も、以前は雑誌を購入し情報を得ていることが多かったですが、特にモバイル端末を持ち出してからはインターネットによる検索を活用することによって、雑誌を購入することはほとんどなくなりました。

このようにインターネットは市場においても、現在の私たちの生活だけにおいてもたくさんの影響を与えており、今後さらなる拡大が予想されています。
2月26日 08:56

WEB集客のプロ集団の提供するサービスはこちら!
明快な料金、低価格な料金でまずは気軽にウェブマーケティング

私たちは明快な料金設定を公開しており、ストレスなくご連絡をいただけるよう努力しております。いくつかのサービスの中から気になるものをご連絡いただき、こちらで再度提案することも可能です。

サービス一覧はこちら

関連記事一覧