ウェブサイト制作|ユーザーの使いやすさについて

デザイン, ホームページ作成

ウェブサイトの訪問してくれるのはユーザーであるお客様です。ですので、どのようにしたらウェブサイトの訪問数が上がるのがと考えたとき、まずはユーザーの視点に立った、ユーザーが「使いやすい」ウェブサイトを作る必要がある。そのような視点のことをユーザビリティといいます。

国際標準化機構(ISO)によるユーザビリティの定義

国際標準化機構(ISO9241-11)では、ユーザビリティを「特定の利用状況において、特定のユーザーによって、ある製品が、指定された目標を達成するために用いられる際の、有効さ、効率、ユーザーの満足度の度合い」と定義しています。
その中から。

  • 有効さ (effectiveness)・・・ユーザーが指定された目標を達成する上での正確さ、完全性
  • 効率 (efficiency)・・・ ユーザーが目標を達成する際に、正確さと完全性に費やした資源
  • 満足度 (satisfaction)・・・製品を使用する際の、不快感のなさ、および肯定的な態度
  • 利用状況 (context of use)・・・ユーザー、仕事、装置(ハードウェア、ソフトウェア及び資材)、並びに製品が使用される物理的及び社会的環境

の4つに定義されます。

ユーザビリティ研究の第一人者ニールセンの定義

ウェブサイトのユーザビリティ研究の第一人者であるヤコブ・ニールセン博士が、著者「ユーザビリティエンジニアリング原論」において、
次の5つに分けられます。

  • 学習しやすさ ・・・システムは、ユーザーがそれを使ってすぐ作業を始められるよう、簡単に学習できるようにしなければならない
  • 効率性・・・システムは、一度ユーザーがそれについて学習すれば、後は高い生産性を上げられるよう、効率的な使用を可能にすべきである
  • 記憶しやすさ・・・システムは、不定期利用のユーザーがしばらく使わなくても、再び使うときに覚え直さないで使えるよう、覚えやすくしなければならない
  • エラー・・・システムはエラー発生率を低くし、ユーザーがシステム使用中にエラーを起こしにくく、もしエラーが発生しても簡単に回復できるようにしなければならない。また、致命的なエラーが起こってはいけない
  • 主観的満足度・・・システムは、ユーザーが個人的に満足できるよう、また好きになるよう楽しく利用できるようにしなければならない

とユーザーがそのシステムの機能をどれだけ便利に使えるか、という視点に限定して、ユーザビリティとは「5つのユーザビリティ特性からなる多角的な構成要素を持ったものと定義されている。

 

WEB集客のプロ集団の提供するサービスはこちら!
明快な料金、低価格な料金でまずは気軽にウェブマーケティング

私たちは明快な料金設定を公開しており、ストレスなくご連絡をいただけるよう努力しております。いくつかのサービスの中から気になるものをご連絡いただき、こちらで再度提案することも可能です。

サービス一覧はこちら

関連記事一覧