キーワードで繋がるリスティング広告とSEO対策

SEO, リスティング

リスティング広告でのキーワードはSEO対策に活用できる

リスティング広告運用において、クリック率の高かったキーワードは広告のためだけではなく、検索上位を狙う上で必要なSEOにも活用することができます。
リスティング広告において常に上位表示がいいからといって、それだけの頼ることになれば、広告費だけ増えていってしまいます。効率よくお客様に表示させるにはSEO対策が大事になってきます。
仮に、一度リスティング広告を見た後に、気になって検索してもSEO対策がおろそかでは、訪問すらしてくれないので大きな機会損失になります。
このようなことがないようにSEO対策をすることで、リスティング広告で一度は逃してしまったお客様でも、その場ではなかったもののひとまず自社サイトを見て情報を得てからお問い合わせをするなどにつながっていきます。
リスティング広告を活用していることによって、クリック率の高いキーワードは把握できます。それらを用いてSEO対策も同時に行っていきましょう。

リスティング広告で効率の悪いキーワードはSEOで補う

リスティング広告において入札金が高いキーワードにおいてはコンバージョンをあっても、やはり費用対効果は悪くなってしまいます。そのようなキーワードにおいてはSEOにおいて検索順位を上げることで、いくらクリックされても費用がかかりません。リスティング広告とは違い時間は掛かりますが、費用対効果が悪いキーワードはSEO対策を検討してみてください。

リスティング広告とSEOの特徴

一般的に、リスティング広告は販売などの仕事につながるキーワードが集まり、SEOは情報を求めるやお悩み解決などのキーワードが集中する傾向にあります。
しかし、リスティング広告でクリック率の高いキーワードだからといってSEOで検索上位に表示することによってリスティング広告よりも多くアクセスを集めることができることもあります。

リスティング運用において、売上を上げたいのでしたら、SEO対策を行うことは必要不可欠です。
ですので、リスティング広告を運用して得たデータでついでにSEO対策するのではなく、お互い対策を取ることで労力は掛かりますが、それ以上に成果を得ることができると思います。

WEB集客のプロ集団の提供するサービスはこちら!
明快な料金、低価格な料金でまずは気軽にウェブマーケティング

私たちは明快な料金設定を公開しており、ストレスなくご連絡をいただけるよう努力しております。いくつかのサービスの中から気になるものをご連絡いただき、こちらで再度提案することも可能です。

サービス一覧はこちら

関連記事一覧