GoogleとYahoo!JAPAN |検索エンジンの違いとは

ウェブ業界

今日、知りたいことは何でもパソコン、スマホで検索するということは当たり前になってきました。その際に検索で使用されるものとして、「Google」と「Yahoo!」を使われていつ方が大半だと思います。
では、この「Google」と「Yahoo!JAPAN」は何が違うのか。

世界的シェア率と日本のシェア率の違い

まず世界的に見ますと、圧倒的に「Google」のシェア率が高いです。しかしに日本国内に関しては差が徐々に埋まってきているにしても、「Yahoo!JAPAN」のシェア率のほうが上回っています。
なぜ日本は「Yahoo!」のシェア率のほうが多いのでしょうか。
現在の検索エンジンは、実は「Google」も「Yahoo!JAPAN」も大きな違いはありません。なぜなら2010年に「Yahoo!JAPAN」が「Google」の検索エンジンのシステムをそのまま使うことを発表しています。では、同じなのだから「Google」だけていいのではと思ってしまいます。しかし「Yahoo!JAPAN」はトップページのコンテンツが充実しており、トップページを開くだけで様々なコンテンツがわかります。「Google」はコンテンツが充実していますが、トップページが非常にシンプルで、検索エンジンとして非常にわかりやすい作りとなっています。
そしてシェア率の違いの大きな点は、「Yahoo!JAPAN」が日本人向けのサービスを多く採用している点と、なにより「Yahoo!JAPAN」が「Google」よりも先に日本国内て展開され、先の検索エンジンとして根付いたのが理由と考えられています。

パソコン、スマートフォン別に見ると

現在、パソコンに関してですが、「Yahoo!JAPAN」の利用数が勝っていますが、スマートフォンにおいては「Google」のほうが利用者数が多くなっています。
これは「Google」にはパーゾナライズド検索といって、検索結果を検索したユーザー個人に合わせて表示します。そのような検索の利便性が、スマートフォンユーザーの受け入れられています。

 

検索エンジンにおいては、「Google」も「Yahoo!JAPAN」今までお使いの方を使っていくのが1番だと思います。
しかし、これを機に一度いつも使っていない方の検索エンジンを試してみてはどうでしょうか。

WEB集客のプロ集団の提供するサービスはこちら!
明快な料金、低価格な料金でまずは気軽にウェブマーケティング

私たちは明快な料金設定を公開しており、ストレスなくご連絡をいただけるよう努力しております。いくつかのサービスの中から気になるものをご連絡いただき、こちらで再度提案することも可能です。

サービス一覧はこちら

関連記事一覧