無駄を省いて、よりニーズのあるお客様へ広告を届けよう

リスティング

リスティング広告では、「除外キーワード」といって、その除外キーワードが含まれている検索結果に広告を出さないようにする設定が可能です。
リスティング広告表示に重要な「マッチタイプ」での「部分一致」では、設定したキーワードと関連性の高いさまざまなキーワードで自動的に表示され、自分自身では考えつかなかったキーワードが当てはまったりします。
しかし、逆に無駄なキーワードが設定されることはよく起こります。これでは広告費の無駄遣いになってしまいます。
そこで、そのようなことが起こらないように明らかに売上に繋がりそうでないキーワードを「除外」を設定していきましょう。

除外キーワードのを見つける

事前にわかる除外キーワードの一覧として、

無料系キーワード

ユーザーが無料のサービスを探しているケースなので、売上を上げたい場合はなおさら外すべきキーワードです。

激安系キーワード

値段で競争していないサービスにおいては、激安系のキーワードをつけてしまうことで、激安が売りになってしまい、
ターゲットとしているお客様を逃してしまいます。
逆に値段競争のケースでは、ぜひつけるべきキーワードです。

地域系キーワード

取り扱っていない地域や、範囲が広すぎる地域(「岸和田」で設定している場合での、「関西」など)は外しておきましょう。

調査系キーワード

「Wikipedia」や「口コミ」など、どのようなものか調べるだけのキーワードは売上には繋がりにくいです。

このように事前に調べて「除外キーワード」を設定することは手間が価格ことですが、無駄な広告を出すことは、
費用だけでなく、よりターゲットを絞ったお客様に広告を表示できるので、売上げアップに結びついてきます。

WEB集客のプロ集団の提供するサービスはこちら!
明快な料金、低価格な料金でまずは気軽にウェブマーケティング

私たちは明快な料金設定を公開しており、ストレスなくご連絡をいただけるよう努力しております。いくつかのサービスの中から気になるものをご連絡いただき、こちらで再度提案することも可能です。

サービス一覧はこちら

関連記事一覧