ユーザーの目線に立ったウェブサイトを作成を心掛ける

ホームページ作成, リスティング

リスティング広告の「品質スコア」は広告の掲載順位を上げる要因として、入札価格と並んで重要なものです。
入札価格は金額の問題になってきますが、この品質スコアはこちらの工夫や努力で高めることができます。
さらにこの品質スコアが低ければ、いくら高額な入札金額でも検索順位は下がってしまします。
では、どのように「品質スコア」を上げていけばいいのでしょうか。

キーワードと広告文、ウェブサイトの関連性

まず、キーワード、広告文、ウェブサイトの内容が、しっかりと関連性があるかが肝心です。
たとえば、「岸和田 転職」というキーワードがあれば、広告文、ウェブページにも「岸和田 転職」というキーワードを含ませる必要があります。
ウェブページにおいてはサイトの一番目につく位置や、文章の最初の方に意識してキーワードを入れることおすすめします。
「岸和田 転職」で広告を出しているのに、サイトに入ってみると、実際の内容は就職した後の賃貸情報を掲載したサイトだったりします。
これでは、ユーザーが本当にほしい情報を得る事ができず、品質スコアは当然低くなってしまします。
このように広告に合わせてウェブサイトを一つ一つ用意することは大変ですが、広告文とウェブサイトをしっかり関連付けることは、品質スコアを上げることに加え、
広告のクリック率、コンバージョンの向上のも繋がってきます。

ウェブページ内を見直す

つぎにウェブサイト内を改善することで「品質スコア」アップに繋がります。
ウェブサイト内の改善においても、やはりユーザーに役立つ情報はあるのか、使い勝手の良いサイトなのか、などユーザー目線の立った改善が必要になってきます。
その中で大きく分けるとまず、

情報量とページ数

1ページにのみのウェブページや、情報量の少ないページは評価が低くなります。

サイトの信頼性

サイトを見てすぐに会社名や住所などを見つけられるようにする。個人情報の管理などの安全性などを示す必要があります。

ウェブサイトの操作性

表示速度が重要になってきます。よくフリーズを起こしたり、表示のかなり時間がかかったりなど訪問者にとって使いにくいサイトは品質スコアは下がり、この項目が最も影響が大きい傾向があります。

このように品質スコアを上げるには、作成者がユーザーの立場に立って本当に欲しい情報はなにかユーザーが求めている情報を快適に得るにはどうしたら良いのかなどと考えながら、ウェブサイトを作成していくことが品質スコアを上げること、つまりクリック率を上げることに繋がっていきます。

WEB集客のプロ集団の提供するサービスはこちら!
明快な料金、低価格な料金でまずは気軽にウェブマーケティング

私たちは明快な料金設定を公開しており、ストレスなくご連絡をいただけるよう努力しております。いくつかのサービスの中から気になるものをご連絡いただき、こちらで再度提案することも可能です。

サービス一覧はこちら

関連記事一覧