費用対効果を高めるための方針を決めよう

リスティング

大切なのは2つだけ。品質スコアを上げること。無駄な広告を削除すること

リスティング広告の無駄な広告の支出を減らして、効果を最大限まだ高めるために行うべき設定項目は決して少なくありません。一方で、それらの設定をなんのためのするのかというと、重要な原則は2つしかありません。

品質スコアを上げる

1つは、品質スコアを上げることです。同じキーワードで同じ順位に広告を出しているにもかかわらず、品質スコアが高いか安いかによって5倍以上の料金さがついてしまうことがあります。この点に意識してノウハウの駆使するだけだも、より定額の広告費でウェブサイトへの集客を実現することが可能です。

無駄な広告を削除する

もう1つは、無駄な広告を削除することです。金額をかけている割には、今ひとつ成果に繋がっていない広告を限りなく少なくしていくことで、多くの広告費を節約するとができます。具体的には、「成果に繋がっていないキーワード」「成果が上がらない広告文」「売れない時間帯」「売れない地域」「売れないデバイス」など、それぞれにどのような無駄が発生しているかをチェックして直していきます。

■費用対効果を高める原則[colwrap]
[col2][box class=”pink_box” title=”品質スコアUP”]・広告のクリック率
・キーワードと広告の関連性
・ウェブサイトの品質
・ウェブサイトの表示速度[/box][/col2]
[col2][box class=”pink_box” title=”無駄広告削除”]・成果につながっていないキーワード
・成果につながらない広告文
・売れない時間帯
・売れない地域[/box][/col2]
[/colwrap]

ビッグキーワード中心、スモールキーワード中心どちらが正しい?

アクセスが多く激しいキーワードを「ビッグキーワード」、アクセスが少ない代わりに競争も少ないキーワードを「スモールキーワード」と呼びます。
■ビッグキーワードとスモールキーワード

ビッグキーワード スモールキーワード
ダイエット ダイエットサプリ
レーシック レーシック 品川 料金
カラーコンタクト カラコン 度あり 激安
家庭教師 家庭教師 名古屋 比較
税理士 税理士 飲食店 足立区
名刺作成 名刺 印刷 急ぎ
海外旅行 海外チケット 往復 成田
水道工事 水道工事 凍結

リスティング広告では、気軽に様々なキーワードで広告を出すことができるため、たくさんのニッチな「スモールキーワード」で広告を出して、広範囲から売上を立てるという戦略が必要です。
では、競争が激しく入札価格も上がりがちな「ビッグキーワード」を避けて、「スモールキーワード」中心で運用すればよいかというと、必ずしもそうとは言い切れません。あなたの取り扱っている商品・サービスによっては、性質上広告を出せるキーワードのパターンが決まっていて、必然的に売上の殆どが、競争の激しいキーワードに集中するということがあります。
もしくは、一見広範囲からの売上を見込める「スモールキーワード」と判別されるようなキーワードであっても、売上(コンバージョン)のほとんどがある特定の「スモールキーワード」に集中するケースがあります。たとえば、転職関連のサービスは、「業種名+転職」という組み合わせに多く偏る傾向があります。このような場合、「ビッグキーワード」「スモールキーワード」という括りにとらわれず、「激戦キーワード」「非激戦キーワード」に分けてみましょう。

WEB集客のプロ集団の提供するサービスはこちら!
明快な料金、低価格な料金でまずは気軽にウェブマーケティング

私たちは明快な料金設定を公開しており、ストレスなくご連絡をいただけるよう努力しております。いくつかのサービスの中から気になるものをご連絡いただき、こちらで再度提案することも可能です。

サービス一覧はこちら

関連記事一覧