訪問者の興味の深さに合わせたコンテンツを作ろう!

Webマーケティング, ホームページ作成

ウェブサイトのコンテンツのボリュームについては、商品やサービス内容によって異なるため、的確な答えはありません。また、訪問者のニーズによっても変わります。
たとえばAmazonは、的確な目的を持って買い物をするユーザーが多く、そのため商品ページの構成はシンプルで機能的に作られています。一方で楽天市場は、ウィンドウショッピングのように買い物を楽しむ利用者が多く、お店も調べてたどり着くというより、ランキングやおすすめからなんとなく見て回る利用者が多いのが特徴です。それに合わせて楽天市場のウェブページは縦に長く、たまたまやってきたお客さんをその気にさせる、ユニークなコンテンツを展開しているショップが豊富にあります。

・Amazon(シンプルで機能的)

[colwrap]
・楽天市場(縦長で、画像やキャッチコピー中心)
[col2][/col2]
[col2][/col2]
[/colwrap]

 

化粧品であれば「個別の商品名」、旅行系であれば「ホテル名」といった明確に絞り込んだニーズや、「化粧水 50代」、「地名 ホテル」のように、情報をし調べ始めたキーワードでは、説明的な豊富なコンテンツや関連商品などの選択肢の豊富さを提示する必要があります。化粧品のような単体の商品ページであれば、紹介は1ページ内にまとめて購入手続きは別のページにする、旅行などであれば、おすすめのコースやプランごとに別のページを用意するなど、豊富な選択肢を提示するといった工夫をしましょう。

・キーワードによって訪問者の関心の深さが異なる

[colwrap]
[col2][box class=”pink_box” title=”情報を絞り込んでいる訪問者の多いキーワード”]・シンプルなデザイン
・必要な情報をわかりやすく
・購入・問い合わせにすぐ誘導[/box][/col2]
[col2][box class=”pink_box” title=”情報が絞り込まれていないぼんやりとしたキーワード”]・魅力的なキャッチコピー
・説得するための豊富なコンテンツ
・関連商品などの選択肢[/box][/col2]
[/colwrap]
ユーザーのニーズをしっかり理解することはもちろんですが、このようにキーワードによってのウェブサイト制作も必要になってきます。

WEB集客のプロ集団の提供するサービスはこちら!
明快な料金、低価格な料金でまずは気軽にウェブマーケティング

私たちは明快な料金設定を公開しており、ストレスなくご連絡をいただけるよう努力しております。いくつかのサービスの中から気になるものをご連絡いただき、こちらで再度提案することも可能です。

サービス一覧はこちら

関連記事一覧