よりよいキャッチコピーを考えてユーザーの目を惹きつけよう!

リスティング

リスティング広告の成果が良くないと、すぐに「ウェブサイトのデザインが悪いのか?」と考えてしまいます。しかし、デザインを修正するというのは大変手間がかかります。また、そこまでオシャレではなくても何故か売れているサイトがたくさんあるのも事実です。
リスティング広告の成果を高めようと思ったら、まず考えてほしいのが、「ウェブページを開いて、目に入ってくる言葉は何か?」という点、すなわち、キャッチコピーです。なぜキャッチコピーが重要なのでしょうか大きく2つの理由があります。

効果が高い

検索エンジンから訪れたユーザーは、キーボードで言葉を入力して、「頭の中が検索した言葉でいっぱい」の状態でやってきます。これは、ウェブサイト嬢の言葉に極めて反応しやすい状態です。重要なのは「いい意味でも、悪い意味でも」言葉に反応しやすいという点です。ユーザーの期待器ぴったりのキャッチコピーを見せることで虜にすることができます。逆に、「このフレーズは違う」と思わたときのマイナスの影響も大きいのです、そのため、キャッチコピーの工夫次第で、ユーザーとの食い違いを避けたり、さらに多くのユーザーを集めたりできます。

画像よりも、修正・チャレンジがかんたん

素晴らしいキャッチコピーを考えるのは大変ですが、ウェブサイトの手直し自体はかなりシンプルな作業なので、何回でもチャレンジができます。キャッチコピーの様々なパターンを試して、「当たり」が出るのを諦めずに狙い続けることがより大切です。

お客さんを惹きつけるキャッチコピーを作るためのポイント

では、どんなキャッチコピーにすれば、ウェブサイトに訪問してもらえるのでしょうか。以下の4つがポイントになります。

①言葉は簡潔に

たくさんの情報を詰め込もうとして、ダラダラと長い文章にならないようにしましょう。文字数が多いと、キャッチコピーを読んだ人は頭に言葉が入りにくくなります。詳しい話は、キャッチコピーのあとの文章を補足すればよいのです。

②相手の理解できる言葉にする

取り扱っている商品/サービスに詳しいばかりに、専門知識や難しい言葉をキャッチコピーに入れてしまわないようにしましょう。あなたの商品/サービスに詳しくない人が読んでも理解できる言葉になっていることが重要です。

③伝える内容は1つに絞る

魅力を沢山詰め込みすぎて、何を伝えたいのかわからない、ということのないようにしましょう。「価格が安い」「売れている」「有名企業が採用している」「有名デザイナーによるデザイン」「プロの職人が本気で作った」などなど・・・・何がい番伝えたいことなのか絞り込むことが大切です。

④数字や単語などを具体的にする

抽象的な言葉ではなく、具体的な数字や単語を入れるようにしましょう。「世界中で高い評価」よりも「モンドセレクション3年連続金賞受賞」、「たくさんうれてます」よりも、「月5.000件の販売実績」。具体的な方が、コピーの反応率が格段に上がります。

WEB集客のプロ集団の提供するサービスはこちら!
明快な料金、低価格な料金でまずは気軽にウェブマーケティング

私たちは明快な料金設定を公開しており、ストレスなくご連絡をいただけるよう努力しております。いくつかのサービスの中から気になるものをご連絡いただき、こちらで再度提案することも可能です。

サービス一覧はこちら

関連記事一覧