リスティング広告を上手く設定するだけでは売れない!?

リスティング

リスティング広告と相性の良いウェブサイトのポイント

リスティング広告の設定をいくら極めても、残念ながらウェブサイト側に問題があれば、成果に繋がりません。仮にプロの業者に設定を依頼しても成果が出なければ、ウェブサイトを直した方が早く成果に繋がるでしょう。
では、リスティング広告と相性の良いウェブサイトにするために意識しなくてはいけないのはどのようなポイントでしょうか。以下の2点が重要です。

検索している人のニーズに一致したウェブページを提供できているか

リスティング広告は、検索で調べている人をお客さんとして集めてくる広告です。検索している人というのは、「目的」を持って検索エンジンにキーワードを入れて検索します。そのキーワードごとに、何かしらの意図が存在します。
その人たちが抱えているニーズや背景をキーワードから読み取る必要があります。いくら商品の宣伝文句を並べても、相手の意識に届かなければまったく意味がありません。「自分の伝えてい琴」よりも、「相手が調べていることは何か」「どんな気持ちで調べているか」にフォーカスする必要があります。

同じように広告を出しているライバルサイトに勝てている要素はあるか

リスティング広告から訪れる人のほとんどは、あなたのウェブサイトだけでなく、同じキーワードで検索結果に隣り合って表示された、いくつかのウェブサイトを比較して行動を起こします。いくら広告で人を集めても、競合のウェブサイトの方が魅力的であれば、比較の対象(ダシ)にされるだけで、競合が最終的にお客さんを奪っていってしまいます。

広告の管理と同じくらいLPO対策に力を入れる

では具体的に、ウェブサイトを改善してライバルに勝つにはどうすればいいでしょうか。大事なのは「広告からアクセスしてきた直後のページを魅力的な物にしてお客さんを引き止めること」です。

LPOという言葉を知っておこう

リスティング広告で成果を出すためには、広告の管理と同じくらい重要なのがLPOです。これは、リスティング広告を含む検索エンジンから最初にお客さんが訪れるページを最適化することをさします。トップページの画像や、キャッチコピー、説明文章、ボタンのクリックのしやすさなど、検索エンジンのキーワードに合わせて、訪問者が最も使いやすいように改善していくことです。

A/Bテストを実施する

LPOの肝といえるのが、A/Bテストです。異なる2つのパターンのページを用意して、どちらのページに訪問者を誘導する方がより商品・サービスの購入や申し込みに繋がるかをテストします。リスティング広告の場合は、まず2種類のページを用意します。広告の均等表示でそれぞれ別のURLを設定することで、同時に2パターンの広告に訪問者が半々流れ込み、どちらのパフォーマンスが高いかを調べることができます。

WEB集客のプロ集団の提供するサービスはこちら!
明快な料金、低価格な料金でまずは気軽にウェブマーケティング

私たちは明快な料金設定を公開しており、ストレスなくご連絡をいただけるよう努力しております。いくつかのサービスの中から気になるものをご連絡いただき、こちらで再度提案することも可能です。

サービス一覧はこちら

関連記事一覧