リスティング広告のキーワードの数は多い方がいい?厳選させた方がいい?

リスティング

「最初にどのくらいのキーワードから始めた方がいいでしょうか?」
この疑問が出てくるかと思います。
まず、あなたの扱っている商品・サービスは、広告を出すキーワードのバリエーションが多いか少ないか考えてみましょう。

キーワードのバリエーションが多い場合

たとえば、全国のホテルや旅行といった競合の多い商品を扱っているウェブサイトであれば、
「地名+ホテル」「ホテルの名称+予約・格安」などで膨大な量になり、万単位でのキーワードが予想されるでしょう。

キーワードのバリエーションが少ない場合

特定の業種への転職といったターゲットの範囲の限られた商品やサービスを扱うウェブサイトなどでは、検索されるキーワードが絞られており、数少ないキーワードでの勝負になります。この場合は、厳選したキーワードで広告を出せばOKです。

広告運用にかけられる時間が少ない場合

リスティング広告の管理にかけられる時間が少ない、もしくはすぐに実行したい場合は、絞り込んだキーワードですぐに広告をスタートすることをおすすめします。特に、商品をたくさん扱っているウェブサイトであれば、競争力のある商品に関係するキーワードから順番に広告を出していきましょう。
たとえば、旅行サイトであれば、他社よりも価格競争力・コンテンツの充実したホテル、取り扱いの多い地域などからです。成功率の高い地域からテストをして徐々にキーワードを増やしていくので、効率的です。

広告運用にかけられる時間がある場合

一方で、広告の管理に十分な時間をとれるのであれば、最初に考えうるパターンを網羅して広告を開始すると、売れ筋のキーワードやそうでないキーワードが一度にわかります。広告出稿後のデータは、こちらの方が早く膨大な物が手に入るでしょう.

とはいえほとんどの場合は、広告を出してからキーワードのパターンが十分に網羅できていないなどはじめて気づくことも多いのが実情です。
まずは、最短で広告を出せる状況にすることをおすすめします。

WEB集客のプロ集団の提供するサービスはこちら!
明快な料金、低価格な料金でまずは気軽にウェブマーケティング

私たちは明快な料金設定を公開しており、ストレスなくご連絡をいただけるよう努力しております。いくつかのサービスの中から気になるものをご連絡いただき、こちらで再度提案することも可能です。

サービス一覧はこちら

関連記事一覧