わがままユーザーをファンにしよう!ロングテールキーワードを押さえたウェブマーケティング

SEO, Webマーケティング, ブログ

コンテンツSEOを考えた上では、特定のキーワードだけでなくロングテールを考えたSEOが重要になります。理由は簡単で、ロングテールでの訪問者の方が特定のキーワードよりも多いからです。そして、今後もその傾向は続いていくと考えられるからです。検索をする時に多くの人はなるべく簡単に且つ、直ぐに自分の求めているサイトに行きたいと考えています。何度も検索をすることはネットの利用者にとっては苦痛でしかないわけです。となると検索をする時に出来るだけ要らない情報は表示させたくないわけです。となればいろいろなキーワードをつなげて、より目的のサイトが出やすいようにするわけです。ネットをよく利用する人になればなるほどこの傾向は強くなるでしょう。ネットの利用者にとって一つでも作業を省きたいというのは本能から来る欲求でもあるので、出来るだけ不要なことは省きたいわけです。今は情報化社会となって溢れるほどの情報がネット上に出てくるようになりました。そのような時代では、特定のキーワードを入力しても、なかなか目的のものが出てこないということを利用者は知っています。となれば関連するキーワードをいろいろと入力して自分の求めるものを直ぐに出そうとするわけです。
例えば面白いアニメが見たいと考えれば、アニメと入力するのではなく、アニメ、人気などと入力していくことになります。そして、検索を実行して自分の見たいものを探していくことになるでしょう。この探すということにかなりの時間がかかるので、検索には時間をかけたくないわけです。検索など不要にして欲しいというのがユーザー目線の考え方と言ってもいいかもしれません。ですから、検索をする回数を極力減らすことが出来るように、ユーザーはさまざまなロングテールを使用して自分の求めるものを探していくわけです。そして、気に入ったサイトが出てきたりすれば、お気に入り登録をして、今度は検索などしなくてもクリック一つでサイトに行けるようにします。これぐらいにユーザーというのは時間を惜しむものです。検索をしてからサイトに行くというのは苦痛でしかないというように考えれば、このロングテールでのSEOの重要性が分かってくるでしょう。特定のキーワードだけでサイトを探すという人はどんどんと少なくなってきているということです。それは利用者が慣れてきているということもありますし、多くのサイトが出来ているということもあります。

WEB集客のプロ集団の提供するサービスはこちら!
明快な料金、低価格な料金でまずは気軽にウェブマーケティング

私たちは明快な料金設定を公開しており、ストレスなくご連絡をいただけるよう努力しております。いくつかのサービスの中から気になるものをご連絡いただき、こちらで再度提案することも可能です。

サービス一覧はこちら

関連記事一覧