多ければ良いというわけではない!SEOに最適な文字数は?

SEO, ブログ

コンテンツSEOにおける最適文字数は、そのコンテンツのキーワードの割合と関係しています。例えば、コンテンツの中に必要なキーワードが入り過ぎているときには文字数を多くした方が良いですし、キーワードが程よく入っている場合には1000文字程度であっても効果の高いSEO対策になります。
そもそも、検索エンジンはSEO対策を推奨しているもののその基準を明確に発表しているわけではありません。有志によってある程度の基準はわかっていますが、アップデートがあった場合にはすぐにその基準も崩壊します。そのため、その都度最適文字数は変化すると考えておいた方が無難です。実際に、これは大手の検索エンジンの関係者が証言として語っています。最適文字数などというのは存在しないため、それぞれの時代で適切な文字数を考えなくてはいけません。
ただ、一つだけ確かなのはコンテンツ内に含まれているキーワードと文字数には関連性が存在するということです。検索エンジンは、あからさまな文字稼ぎやキーワードの羅列を拒む傾向があります。一昔前までは、コンテンツ内にできる限りキーワードを詰め込むことがSEO対策として高い効果を発揮すると考えられていました。しかし、度重なるアップデートによってキーワードを多く詰め込めば良いというわけではなくなり、コンテンツの文字数に比例して適度なキーワードを詰め込むことが理想であると考えられるようになったわけです。例えば、出来る限り多くの文字数が良いと判断して3000文字、5000文字と文字数を増やしてもキーワードとのバランスが悪いと高い評価を受けることができません。反対に、少ない文字数であってもバランスが良くてコンテンツが際立っているときには高い評価を受けることが可能です。
では、より評価の高いコンテンツを作るためにはどうすれば良いのでしょうか。それは、キーワードとは異なるワードに関連性を持たせることです。例えば、SEOという言葉と対策という言葉は本来は別個の言葉ですが、近接して利用することによって別の一つの言葉に変化させることができます。検索エンジンの評価の基準には、キーワード同士の近接性という評価のポイントがあって、重要なキーワードは近いほど高い評価を受けやすいという面白い特徴があります。そのため、最適文字数を考慮してバランスの良い文章を書く場合には、特定のキーワードを減らすかわりに関連性のあるワードを近づけて評価を高くすると良いです。こうすることで、コンテンツSEOの質はより高まります。

WEB集客のプロ集団の提供するサービスはこちら!
明快な料金、低価格な料金でまずは気軽にウェブマーケティング

私たちは明快な料金設定を公開しており、ストレスなくご連絡をいただけるよう努力しております。いくつかのサービスの中から気になるものをご連絡いただき、こちらで再度提案することも可能です。

サービス一覧はこちら

関連記事一覧