コンテンツ発信で大きく一発爆発したい!一度でも夢見る「バズる」とは?

SEO, SNS

  • HOME
  • ブログ
  • SEO , SNS
  • コンテンツ発信で大きく一発爆発したい!一度でも夢見る「バズる」とは?

コンテンツSEOでは、「バズる」という言葉がよく使われます。「バズる」とはある特定の記事が短期間で話題となり、アクセス数が急激に増加することを言います。英語のbuzzという動詞が元となっており、buzzには騒ぐやざわつくといった意味があるためです。
アフィリエイトブログの場合、リンクを介した成果が上がるほか広告配信等も含め収入が一気に増えるとともに、リピーターの獲得にも繋がることから目標とされる状態です。一方で読者の反感を買い、急激にアクセスが増加した場合は炎上と呼びます。意図的に炎上を狙った場合も該当することがありますが、本人にしかわかり得ないため判断は難しくなります。
定期的に「バズる」ことができれば、常に多くの読者がWebサイトを閲覧するため収入も安定します。「バズる」記事を書くためには、多くの人の共感を得る必要があります。ただし全ての人の共感を得るのは現実的に不可能ですから、ある程度ターゲットやジャンルを絞り込むことがポイントとなります。仮に共感した人が総人口の1%だったとしても約100万人ですから、Webサイトやブログ訪問者のうち僅かでも共感者がいれば、SNSをきっかけとして多くの人に伝わる可能性があります。
このため誰もが納得するような在り来りの記事よりは、共感した読者がSNSを使って拡散する気になるよう、如何にして読者の心を動かすかが重要となります。読者が行動を起こす動機の一つに自身の感情があり、怒りはその最たる例と言えます。記事を読んだ読者が共感すると同時に、反対側に位置する意見に対して怒りを覚えれば、高い確率でSNSから発信することになります。
SNSを利用してすぐに拡散されやすい状態にするために、全ての記事にはSNSの共有リンクを設けることが重要です。読んですぐにアクションを起こさなければ、時間とともに怒りが治まり冷静になる人も多いため、機会の損失になりかねません。
怒り以外では感動や悲しみといった感情のほか、正義感が強い人の心をつき動かす方法もあります。正義感の強い人は、妥協をせずに自分の正義を貫くという特徴があるため、権力や嘘を嫌います。例えば企業が労働者に対して理不尽な対応を取り、正義感の強い人がそれを知った場合、労働者を弱者とみなしSNSで発信する可能性が高まります。更なる拡散を狙う場合は、SNSのアカウントを利用し自ら拡散の手助けをするのも効果的です。

WEB集客のプロ集団の提供するサービスはこちら!
明快な料金、低価格な料金でまずは気軽にウェブマーケティング

私たちは明快な料金設定を公開しており、ストレスなくご連絡をいただけるよう努力しております。いくつかのサービスの中から気になるものをご連絡いただき、こちらで再度提案することも可能です。

サービス一覧はこちら

関連記事一覧