ユーザーの行動がわかる!―アクセス解析ツールの活用

Webマーケティング

アクセス解析とは

ホームページへの訪問などを集計しユーザーの利用状況を分析するものです。どのような経路で、どのようなものに興味を持って訪問しているのか、よく見られているページはどこなのかなど、さらにこれらのデータを掛け合わせて分析することもできます。
現在、もっとも広く使われているアクセス解析ツールは、Google社が提供する「Googleアナリティクス」です。相当大規模なサイトをのぞいて無料で利用できる、高機能かつ多機能な解析ツールです。
GoogleアナリティクスをWebサイトに設置することで、主に後の4カテゴリーに関する詳細なレポートが見られるようになります。

・ユーザー

・集客

・行動

・コンバージョン

ユーザー

ページビュー数、直帰率、新規セッション率、ユーザー属性、コホート分析などがあり、Webサイトの全体像を把握するのに役立ちます。

集客

チャネル(流入元)ごとのパフォーマンスなどがあり、今後の改善策を考えるのに役立ちます。さらにGoogle AdWordやGoogle Search Consoleと連携することで、リスティング広告や、SEOに関する詳細セータがアナリティクス上で見ることができます。

行動

Webサイト内でランディングや離脱の多いページ、ページごとの詳細の分析結果などがあります。また、ページ表示速度の分析、サイト内のリンクのクリック率の分析なども利用できます。

コンバージョン

目標完了数や到達プロセス、マルチチャネル分析、アトリビューション分析などがあり、ユーザーがコンバージョンに至る道のりを詳細に可視化できます。また、Eコマース機能の拡充により、商品の販売状況や取引数、平均注文金額、購入までの間隔などが把握できます。
なお、これらの4カテゴリーの他にも、「現時点で何人がWebサイトに滞在しているか」と言ったトラフィック状況を可視化できる「リアルタイム」、指標の異常つを通知する「カスタムアラート」などの機能もあります。

コンバージョンの設定

Googleアナリティクスでは、Webサイトの「コンバージョン」をきちんと設定指定しておくことが大切です。例えば、問い合わせ、資料請求、来店予約など、ユーザーによる入力フォームを通じたアクションがコンバージョンの代表例です。具体的には、入力フォームで最終的に到達するやページのアクセスを、コンバージョンの達成に設定するのが一般的です。その他、認知のページへのアクセス、クリックなどのイベントの発生、一定以上のページビュー数や滞在時間も目標として設定できます。
Webサイトの改善やマーケティング施策を行った後は、コンバージョンの数や率が上がったかどうかで成否が測れます。またコンバージョンを設定し、きちんと数値を把握しておくことで、セグメント設定で「コンバージョンが達成されてセッション」に絞り込んでデータを見ることができ、エンゲージメントの高いユーザー向けの施策を考えることにも活用できます。

WEB集客のプロ集団の提供するサービスはこちら!
明快な料金、低価格な料金でまずは気軽にウェブマーケティング

私たちは明快な料金設定を公開しており、ストレスなくご連絡をいただけるよう努力しております。いくつかのサービスの中から気になるものをご連絡いただき、こちらで再度提案することも可能です。

サービス一覧はこちら

関連記事一覧