集客アップにつながるランディングページ制作

Webマーケティング

現在のインターネット集客施設では、企業サイトでの画一的な製品紹介ページとは別に、催促を目的としたキャンペーンページを設けることは珍しくなく、通常のページに比べて少ない制約のもとでビジュアル中心でわかりやすい構成にすることが多いです。
LPOは、リスティング広告やバナー広告の遷移先として、お客様に訪れてもらうランディングページの内容を最適化することです。クロスメディアで展開する場合、チラシやリーフレット、QRコードなどからの誘導を目的としたページを設け最適化を図る場合もあります。

キーワードに合わせたランディングページとLPO

リスティング広告では複数のキーワードに対し広告を表示させることが可能であり、遷移先にも任意に設定できます。例えば、化粧品のファンデーションの広告出稿キーワードとして「長持ち ファンデ」、「肌荒れ対策 ファンデ」の2つを選んだ場合、それぞれのキーワードで検索するお客様のニーズが異なることを意味します。同じ商品でも別の内容の紹介ページを作り、それぞれのキーワードに適した訴求内容を持ったページへ遷移させる方法です。お客様のニーズを踏まえて、広告から誘導とランディングページでの訴求をスムーズに一体化させることで、コンバージョンを高めることが可能になります。

広告効果の検証とLPO

LPOのもう一つのポイントは、設定したキーワードに対する広告とランディングページの効果検証です。例えばファンデーションのリスティング広告に接待したキーワードが「美白 コスメ」である場合、複数の広告とランディングページを用意し、もっともクリック数やコンバージョン数が多かった組み合わせや、直帰率や離脱率の高低を判断する「A/Bテスト」という方法がよく知られています。LPOでは二つ以上の案や組み合わせによって、最適な広告効果を追求することが大切です。

明確なゴールを示す

LPOで重要なのは「明確なゴール」です。良いランディングページと悪いランディングページを分けるとすれば何においても「ゴールが明確かどうか」が基準になります。ランディングページでは、消費者の直接的なニーズを見据えた力強いゴールを設け、内容や構成を考えることが大切です。ページ構成を工夫する
LPOではページ構成も非常に重要な要素です。消費者が直面している問題を示し、同じ悩みを望みをストーリーとして語り、問題を解決できることを示します。その後、具体的な提案や特典を示し、限定性や緊急性など問題解決のための条件をあげ、行動の後押しをするというようなページ構成の工夫が大事です。

WEB集客のプロ集団の提供するサービスはこちら!
明快な料金、低価格な料金でまずは気軽にウェブマーケティング

私たちは明快な料金設定を公開しており、ストレスなくご連絡をいただけるよう努力しております。いくつかのサービスの中から気になるものをご連絡いただき、こちらで再度提案することも可能です。

サービス一覧はこちら

関連記事一覧