ホームページ運用でSNSは必須!

SNS

現在のホームページの運営では、ソーシャルメディアの活用が不可欠です。マーケティングの観点からソーシャルメディアの意義を理解し、ユーザーとより良い関係を構築することが大切です。

Facebook、Twitter、LINE、Youtubeなどのソーシャルメディアでユーザー同士が活発に対話する現在、企業から一方的に情報を発信するだけでは、ユーザーにリーチしづらくなっています。また、ソーシャルメディア、ブログやカスタマーレビューなどが、消費行動に大きな影響を与える時代です。このようなユーザーとより良い関係を築くこと、直接対話することを目的として、ソーシャルメディアがコーポレートコミュニケーションの手段として活発に利用されています。

ユーザーのSNSの使い分けを理解し活用する

ユーザーは目的に応じて複数のソーシャルメディアを使っています。例えば、友人とのカジュアルな交流はFacebookで、メッセージのやり取りはLINEで、日常の写真投稿はInstagramで、というスタイルです。ソーシャルメディアごとに好まれる雰囲気や情報が異なるため、それぞれで異なる情報発信を行っている企業も多いです。つまり、ソーシャルメディアごとの特徴に応じて、組み合わせて活用することで、企業やブランドの魅力を複合的に伝えることができます。

自らもユーザーの一員としてコミュニケーションを図る

マーケティングの世界では、ユーザーとの深い絆作りを「エンゲージメント」と言います。エンゲージメントを高めるためには、ユーザーへの有用な情報発信に努めることはもとより、担当者や関係者を明らかにしてユーザーと対話する、企業自らもひとりのユーザーとして情報を発信し、ユーザーとコミュニケーションを図る姿勢が求められます。

ソーシャルメディアマーケティングでは、企業のコンプライアンスやブランディング活動とのバランスを考慮します。ひとりのユーザーでありながら、企業を代表する発言や行動としてふさわしいか、という視点が求められます。

ソーシャルメディアとコンテンツの一体化

Webサイトで発信するコンテンツは、検索エンジンのクローラーによって収集され、検索結果で表示される子農政が高いが、一定のタイムラグがあり得ます。コンテンツを多くの人にタイムリーに知ってもらう近道は、その存在をソーシャルメディアで共有することです。ソーシャルメディアではWebサイトのコンテンツをランディングページとして位置付け、詳細情報を知りたい人を誘導すると効果的です。このような活動を通じたコンテンツへの反響は、Facebookの「いいね!」や「シェア」ボタンなどのソーシャルボタンによって可視化でき、さまざまなユーザーの行動や運営側のモチベーションに影響を与えます。

ソーシャルメディアと広告の一体化

例えば、Facebookページの「いいね!」数を増やすには、日々の地道な運用が不可欠です。さらにFacebook広告を利用すれば、「いいね!」数をスピーディに増やせます。つまり広告と併用することで、広報活動の効果を高められます。Facebook広告では、特定の投稿の宣伝、Webサイトへのトラフィックやコンバージョンを増やす宣伝なども可能です。また、ターゲットやデバイスを絞った広告、Webサイトへの訪問歴のあるユーザーだけに広告を表示するリマーケティング広告も出稿できます。ソーシャルメディアを単に「広報」の手段と考えるのではなく、「広告」として積極的に活動することで、よりダイナミックな展開が図れます。

WEB集客のプロ集団の提供するサービスはこちら!
明快な料金、低価格な料金でまずは気軽にウェブマーケティング

私たちは明快な料金設定を公開しており、ストレスなくご連絡をいただけるよう努力しております。いくつかのサービスの中から気になるものをご連絡いただき、こちらで再度提案することも可能です。

サービス一覧はこちら

関連記事一覧