Webの基礎中の基礎!施策「コンテンツ」「広報」「広告」の特徴

Webマーケティング

WebサイトやWebサービスの運用目的は、さまざまなWebマーケティングによって、運営者の利益に貢献することであり、継続的な集客施策が極めて重要です。一方的な情報発信だけでなく、インターネットユーザーを対等なパートナーと捉え、施策を考えることが大切です。

Webマーケティングは「コンテンツに関わる施策」 「広報」 「広告」の3つに分類できます。施策によって新規顧客向けか既存顧客向けかが異なるので、目的に応じて組み合わせることが大切です。

コンテンツの関わる施策
近年、コンテンツマーケティングとして自社でメディアを展開する(オウンドメディア)の活用が注目されています。広報や広告と組み合わせて高いマーケティング効果を目指すという特徴があります。ほかには、SEO(検索エンジン最適化)、キャンペーンサイト、継続的なアクセス解析、会員向けコンテンツ(ログイン後に展開せれるコンテンツ)などもあります。

広報
ユーザーが気軽に情報を発信できるソーシャルメディアが普及し、インターネット上での情報収集と消費者の意思決定に大きく影響するようになりました。企業は自らが公式情報として発表するWebサイトとこれらを併用して、広報活動を行うようになってきました。このような活動により、消費者との対話を通じて共感や愛着を抱いてもらい、告知や周知に協力してもらったり、ロイヤルカスタマーになってもらうことを目指します。さらに、直接的な顧客獲得活動ではありませんが、ブログ、クチコミサイト、比較サイトなどを日常的にチェックし、適切に対応することも、大切な広報活動のひとつです。

広告
インターネット上での認知を広げ、Webサイトへ誘導したり、コンバージョンの増加をめざす目的で、さまざまな広告が出稿できます。まず、検索広告(検索連動型広告)やディスプレイ広告(コンテンツ連動広告)が出稿できる「リスティング広告」が、一般的に利用されている広告として挙げられる。ソーシャルメディア広告は、Facebook、Twitter、Instagramなどで配信できる広告です。特に、Facebook広告は、リスティング広告と同様に少額から配信できること、Facebookならではのセグメントでターゲットを設定できることから、さまざまな企業が活用しています。

広告は全般的に、新規顧客の獲得を目標とすることが多く、成果指標を決めた上で運営していくことが多いです。広報も同じようにユーザーへの到達やアクションなどの成果を継続的に見ていくものです。特に広告型のマーケティングでは投資が必要とされるため、それに見合う成果が満たされたかどうか検証する必要があります。広告の種類によって、また、同じ広告での施策の中身によって、CPCやCPAには大きく差が出ます。PDCAサイクルに基づいて継続的な改善を繰り返す必要があることは、コンテンツに関する施策や広報と同じです。

さまざまなマーケティング活動について、費用対効果とブランディングの両面から検討し、ポートフォリオを組むこと、実施体制を整えることに加え、目標値設定や効果測定を行うことが大切な時代です。

WEB集客のプロ集団の提供するサービスはこちら!
明快な料金、低価格な料金でまずは気軽にウェブマーケティング

私たちは明快な料金設定を公開しており、ストレスなくご連絡をいただけるよう努力しております。いくつかのサービスの中から気になるものをご連絡いただき、こちらで再度提案することも可能です。

サービス一覧はこちら

関連記事一覧